共架業務

共架業務イメージ

共架のお手続きに関するお知らせ

2020年10月より関西電力送配電株式会社の電柱への共架に関する「お申込みから契約締結まで」を当社にて承ります。
なお、管路等の使用お申し込み・共架契約内容や料金に関するお問合わせは引き続き
関西電力送配電株式会社へお願いいたします。

関西電力送配電㈱ホームページへ

郵送先:
〒559-0005 大阪市住之江区西住之江3-8-14
関電サービス株式会社 共架センター

基本的な事項

関西電力送配電株式会社が所有する電柱は、電気事業を営むため、行政や地域のお客さまのご理解を得て建てられております。その役割は、電気供給のほか、電話線、街路灯、交通信号、交通標識、CATV施設など、公衆安全や地域生活の一助として、さまざまな目的に役立っております。
関西電力送配電株式会社の資産である電柱を有効にご活用いただくため、上記のような公共的な設備に限定して共架していただきます。
また、伝送路設備の設置にあたっては、原則として1柱・1者・1条とさせていただき、防犯カメラ等の機器への電源供給は、小売電気事業者との電気契約手続きが別途必要となります。
各小売電気事業者については、経済産業省資源エネルギー庁のホームページでお調べいただけます。

公共性・公益性の確認

以下のいずれかにより公共性・公益性を有することを証明していただきます。

(通信線について)
  • 電気通信法(電気通信役務の提供)放送法(有線ラジオ放送・有線テレビジョン放送の提供)および有線電気通信法(有線放送電話及びビル影等によるテレビ難視聴解消を目的としたものなど)に基づく施設である。(有線電気通信設備設置届など)
  • 事業者さまが公的機関(自治体、警察等、または認定電気通信事業者)である。
  • 事業者さま、または関西電力送配電株式会社に対し、公的機関(自治体、警察等)から設置の協力要請文がある。

    ※行政の補助金交付がある場合は、補助金交付書の写しでも可。

(防犯カメラ等の機器について)
  • 事業者さまが公的機関(自治体、警察等または認定電気通信事業者)である。
  • 事業者さま、または関西電力送配電株式会社に対し、公的機関(自治体、警察等)から設置の協力要請文がある。

    ※行政の補助金交付がある場合は、補助金交付書の写しでも可。

申し込みからご使用いただくまで

①事前調査申込み

事前調査は、ご提出いただいた申請書類の内容審査と共架可否の技術検討を行います。

②事前調査結果の回答

共架可否判断は、申請電柱の設備状況と建柱時以降の制約事項等を確認し行います。
事前調査結果の回答期間は、事前調査申込を受付してから1ヵ月程度となり、申込件数・本数または他の事業者さまからの申込状況により前後することがあります。
技術検討の費用は、使用申込みの有無に関わらず、事業者さまに申請の都度負担していただきます。

調査費用は、以下のとおりです。

項目 金額
事前調査費用 605円/本(税抜価格550円/本)

③使用申込み(契約関係書類のご提出)

事前調査により共架可能であることが確認されたのち使用申込みをする場合、調査結果の回答日から60日以内に契約関係書類をご提出していただきます。
60日以内に使用申込みがなかった場合は、その調査結果は原則として効力を失うこととなりますのでご了承願います。
事前調査受付から使用開始(事業者さまが敷設工事をすることが可能となる日)までの期間は、概ね3ヵ月程度です。(ただし、事業者さまが使用申込をされるまでの期間、事業者さまが準備する資機材等の調達期間、道路占用許可を取得するための期間は含みません)

④共架契約の締結

事業者さまと関西電力送配電株式会社にてご使用期間、使用料金等を取り決めた「共架契約書」等を締結いたします。ただし、使用申込み後、6ヵ月以内に契約締結に至らなかった場合については、そのお申し込みは無効となりますのでご了承願います。

⑤工事の着手

共架契約書等の締結後、工事を着手していただきます。

⑥工事の完了

原則として工事完了後2週間以内に工事竣工届の提出等を実施していただきます。

⑦共架料の発生(請求)

共架料は、前払い契約を基本としており、1年分を前年度末までにお支払いただきます。年度途中に新規契約となったものは、当年度期間の月割り分をご請求させていただきます。

使用形態 電柱1本当たりの年間共架料(税抜き)
機器 仕上がり高さ30cm以下 1,540円/本(税抜価格1,400円)
仕上がり高さ60cm以下 2,860円/本(税抜価格2,600円)
通信線 単独共架 1,540円/本(税抜価格1,400円)
一束化 1,100円/本(税抜価格1,000円)

※関西電力送配電株式会社吊線を利用して一束化した場合、吊線使用料として別途330円/本(税抜価格300円/本)が必要となります。

・上記使用料に消費税等相当額を加算した金額を請求します。

機器における共架料の考え方

  • 機器腕金を含めた仕上がり高さ(電柱占用スペース)により共架料を判定。
  • 機器腕金を共用する場合は、各々の仕上がり高さ(電柱占用スペース)により共架料を判定。

その他注意事項

  • 関西電力送配電株式会社との共架契約は事業者さま(機器所有者)名義で締結させて頂きます。
  • 契約締結には、連帯保証人が必要です。
    ※行政機関(市や警察等)自身が契約者の場合を除く(自治会の場合は必要)
  • 事業者さまが町内会等の場合、町内会等の印を共架申請書に押印いただきます。
    町内会等の印が無い場合は、町内会長等の実印を押印いただき印鑑証明をご提示頂きます。

手続きフロー

関西電力送配電株式会社の電柱に、新たに機器や通信線を設置する場合の申請フローは、以下のとおりです。

よくある質問

お客さまからよくお問い合わせいただく質問と、その回答(Q&A)を紹介しています。

(電柱に設備を付けたいが)共架契約とはどのような契約か?
共架契約は、関西電力送配電株式会社の電柱に設備を設置(共架)するにあたって、遵守いただく事項を取り交わしさせていただくものです。契約内容は主に、共架設備の所有者が、共架設備が送配電事業に影響しないよう一切の責任を負って維持・管理を適切に行っていただくこと、共架料をお支払いいただくことについてとなります。
契約手続きはどこで出来るのか?
関西電力送配電株式会社管内の地域全てのお手続きを、当社共架センターが窓口となって行います。
契約手続きにあたっては、当社ホームページで記載している必要書類を作成のうえ、郵送によるお申込みをいただきますようお願いいたします。
契約手続きの日数はどの程度か?
申請書を受領してから約3ヵ月程度となります。ただし、共架する電柱本数が100本を超えている場合や、契約書類の不備等があれば、お手続きに時間を要することとなるため更に日数を要する場合があります。
契約手続きの工程を教えて欲しい。
大きく4工程(①技術検討と事前調査費請求、②契約手続き、③竣工届、④共架料請求)になります。まず、『技術検討と事前調査費請求』として、申請書をご提出いただいたあと、当該申請電柱の技術検討を行い共架可否の回答と事前調査費をご請求させていただきます(基本申請から30日)。その後、共架可否の結果を確認いただき共架可能箇所の共架を行う場合は、事業者さまより契約する旨のご連絡を受け『契約手続き』を行います。契約手続きが完了すれば工事が可能となります(契約手続き30日程度)。工事が完了すると『竣工届』をご提出頂き、工事結果が当社基準に沿ったものかを確認します。契約と工事が完了した後、その工事結果で『共架料請求』を行いご契約手続きの完了となります。
工事着手は申請からどれくらいの日数で出来るのか?
工事着手は、ご申請から約2ヵ月後となります。
契約書にある契約期間が過ぎるとどうなるのか?
(契約書の契約期間は暦年5年としております)契約書にある契約期間を過ぎると、ご契約継続の意思があると見做し1年毎の自動更新となります。ご契約を廃止する場合は、別途お申込み手続きをお願いいたします。
設置したい設備の取り扱い等を含め、窓口で相談できないか?
契約先となる関西電力送配電株式会社の各電力本部で承っているため、お問い合わせをお願いします。

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    下記電話番号まで、お気軽にお問い合わせください。

    受付時間:9:00~12:00、13:00~17:00 (土日祝・年末年始を除く)

    • ※本電話は問い合わせ対応用で申請受付用ではありませんので、申請については申し訳ありませんが郵送にて申請していただくようにお願いいたします。
    • ※なお、通話品質向上のため、通話を録音させていただきます。